2017.8.24 23:57

男子1万メートルの塩尻、銅メダルも反省 急なペース変更に「体が追い付かなかった」/夏季ユニバ

男子1万メートルの塩尻、銅メダルも反省 急なペース変更に「体が追い付かなかった」/夏季ユニバ

 ユニバーシアード夏季大会第6日は24日、台北などで行われ、陸上の男子1万メートルは塩尻和也(順大)が3位に入った。

 陸上男子1万メートルで銅メダルを獲得した塩尻は反省が口をついた。中盤まで先頭集団で優勝を争ったが、急なペース変動に食らいつけず「7、8000メートルまでは粘りたかったが、体が追い付かなかった」と悔しがった。

 今季はけがなどもあり、世界選手権代表に入れなかった。今大会に向けて十分な練習を積んだというが「世界の舞台で勝ちきる試合ができなかったのはまだまだ自分の力が足りていないから」と自らに厳しかった。(共同)