2017.8.19 21:37

ガトリン、サニブラウンは100Mで「9秒8台も出せるだろう」/陸上

ガトリン、サニブラウンは100Mで「9秒8台も出せるだろう」/陸上

サニブラウン・ハキーム(左)とジャスティン・ガトリン

サニブラウン・ハキーム(左)とジャスティン・ガトリン【拡大】

 陸上の世界選手権(ロンドン)男子100メートルで12年ぶりに優勝したジャスティン・ガトリン(35)=米国=が19日、NHKスペシャル「9秒台へのカウントダウン 密着 日本男子スプリンター」にVTR出演。準決勝敗退に終わったサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=にエールを送った。

 「9秒9、いや9秒8台も出せるだろう。自分を信じ続けることができるかが飛躍の鍵となる。記録のことは心配しなくても、いずれ結果は出るだろう」

 準決勝2組で10秒28の7着に終わり、日本人初の9秒台突入は持ち越しとなったサニブラウンに対し、ガトリンは今後の活躍に期待を寄せた。

 大混戦となった男子100メートル決勝は、8レーンで終盤に伸びたガトリンが12年ぶりの金メダルをつかんだ。2006年に2度目のドーピング違反で4年間の資格停止処分を受けた過去がある。観客からブーイングの嵐を浴びながら、冷静なレース運びに胸を張った。

 この大会で現役を退いた「人類最速の男」ウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=とは数々の好勝負を演じてきた。15年北京大会ではライバルに100分の1秒差で2大会連続の2位に甘んじたが、35歳で王座に返り咲き、この種目の最年長王者となった。