2017.8.11 20:07

南筑エースの素根、2冠逃し「悔しい」/高校総体

南筑エースの素根、2冠逃し「悔しい」/高校総体

 全国高校総合体育大会第15日(11日、あいづ総合体育館ほか)柔道女子団体で、7月の金鷲旗高校大会に続く優勝を目指した南筑(福岡)は準決勝で優勝した桐蔭学園に1-2で敗れた。28日開幕の世界選手権(ブダペスト)混合団体代表でエースの素根は2回戦からの4試合に全勝したものの「悔しい」と顔をしかめた。

 金鷲旗の決勝で史上初の5人抜きを達成した2年の逸材は今大会も同年代の相手を全く寄せ付けなかった。78キロ超級に出場する12日の個人戦へ「まだ組み手が遅い。逃げる選手とどう闘うか」と課題を挙げて気持ちを切り替えた。