2017.8.1 20:59

陸上男子200の福島、接戦制し初タイトル/高校総体

陸上男子200の福島、接戦制し初タイトル/高校総体

男子200メートルで優勝し、表彰台でポーズをとる富山商・福島聖=NDソフトスタジアム山形

男子200メートルで優勝し、表彰台でポーズをとる富山商・福島聖=NDソフトスタジアム山形【拡大】

 全国高校総合体育大会第5日(1日、NDソフトスタジアム山形ほか)ゴールの瞬間、拳を突き上げて喜びを表した。陸上男子200メートルは福島が競り勝った。中盤まで100メートル覇者の宮本らと並んでいたが、得意の後半に加速、自己ベストの21秒04をマークした。「後半勝負だった。初めての全国制覇は素直にうれしい」と喜んだ。

 宮本とは小学5年の全国大会で初めて対戦して以来、競い合ってきた。福島が「闘志を奮い立たせてくれる存在」と言えば、宮本も「ずっと一緒にやってきたので、聖(福島)が優勝してくれてうれしかった」と、すがすがしい表情で勝者をたたえた。

  • 男子200メートル決勝21秒04で優勝した富山商・福島聖。左は4位の洛南・宮本大輔=NDソフトスタジアム山形