2017.7.31 18:37

宇良、右膝のけがで夏巡業離脱 「足引きずっていた」と玉ノ井巡業部副部長

宇良、右膝のけがで夏巡業離脱 「足引きずっていた」と玉ノ井巡業部副部長

特集:
宇良

 大相撲で人気の業師、幕内宇良が右膝の負傷で、31日の滋賀県草津市の興行後に夏巡業から離脱した。日本相撲協会の玉ノ井巡業部副部長(元大関栃東)が明らかにした。今後は治療に努める。

 宇良は名古屋場所で横綱日馬富士から初金星を挙げるなど活躍したが、右膝を痛めた10日目の大関高安戦からの5連敗が響き、7勝8敗で負け越した。玉ノ井副部長は「(痛めたのは)外側の靱帯と聞いている。(全治は)診断書に1カ月と書いてあったと思う。状態が良くなく、足を引きずっていた」と話した。