2017.7.31 21:59

サニブラウン、バトンパス確認で「大失態」 400リレーアンカーは「厳しい」と苅部コーチ/世界陸上

サニブラウン、バトンパス確認で「大失態」 400リレーアンカーは「厳しい」と苅部コーチ/世界陸上

特集:
世界陸上
陸上世界選手権の公開練習で調整する、(左から)ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン・ハキーム、藤光謙司、桐生祥秀、飯塚翔太、多田修平ら男子短距離陣=ロンドン(共同)

陸上世界選手権の公開練習で調整する、(左から)ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン・ハキーム、藤光謙司、桐生祥秀、飯塚翔太、多田修平ら男子短距離陣=ロンドン(共同)【拡大】

 8月4日(日本時間5日未明)に開幕する陸上世界選手権の日本代表男子短距離陣らが31日、ロンドン市内で練習を公開し、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)やケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は400メートルリレーのバトンパスを確認した。

 7月中旬の山梨での合宿に不参加だったサニブラウンは、このチームでのバトン練習は2日目。アンカーを想定して桐生祥秀(東洋大)からの受け渡しを練習したが、1回目は大きく出遅れてバトンを受けることができず「3歩ぐらい出遅れた。大失態を犯してしまった」と反省。2回目は成功させたが不安を残した。30日に続いて試した1走は、「自分としては気楽」と無難にこなした。

 出場メンバーは個人種目終了後に最終決定する方針。サニブラウンの起用方法をポイントの一つに挙げ、練習前は1走か4走かで迷っていた苅部俊二コーチは「見た通り。(アンカーの可能性は)ゼロではないけど厳しい」と苦笑いだった。(共同)