2017.7.30 08:08

混合リレー、日本新で4位 男子50背の古賀は全体2位で決勝へ/競泳

混合リレー、日本新で4位 男子50背の古賀は全体2位で決勝へ/競泳

混合400メートルリレーで4位に入り、写真に納まる(左から)五十嵐、池江、中村、松元=ブダペスト(共同)

混合400メートルリレーで4位に入り、写真に納まる(左から)五十嵐、池江、中村、松元=ブダペスト(共同)【拡大】

 水泳の世界選手権第16日は29日、ブダペストで行われ、競泳の混合400メートルリレー決勝で日本(松元、中村、池江、五十嵐)は3分24秒78の日本新記録で4位だった。

 男子50メートル背泳ぎ準決勝で古賀淳也(第一三共)は24秒44の全体2位で決勝に進んだ。(共同)

松元克央の話「自分の最後のレースを楽しめたし、結果も良かった。初代表で不安もあったが、みんなが支えてくれた」

中村克の話「この日2回目のレースで、タイムを上げられて良かった。(好)結果が出なかった個人種目の悔しさはあるが、修正できたと思う」

池江璃花子の話「(50メートル自由形は)予選からタイムを上げられたし、準決勝で競り合うことができていい経験になった。課題は言い切れないほどたくさんある」

五十嵐千尋の話「最後のレースをいい形で終わることができた。チームに貢献できたと思う」

古賀淳也の話「自分の感覚と泳ぎが完全に一致している。決勝では50メートル背泳ぎは自分が世界一だという自信を確かなものにしたい」

鈴木聡美の話「強気なレースをしたが、タイムが予選と同じで少しショックを受けている。自信があっただけに残念」

  • 混合400メートルリレーで4位となった(左から)池江、中村、松元。下はアンカーの五十嵐=ブダペスト(共同)
  • 混合400メートルリレー決勝第2泳者中村(下)から池江へリレー=ブダペスト(共同)
  • 混合400メートルリレーで4位に入り、引き揚げる(前列左から)五十嵐、池江、中村、松元=ブダペスト(共同)
  • 男子50メートル背泳ぎ準決勝を終え、笑顔の古賀淳也=ハンガリー・ブダペスト(撮影・恵守乾)
  • 男子50メートル背泳ぎ準決勝でスタートする古賀淳也=ハンガリー・ブダペスト(撮影・恵守乾)
  • 男子50メートル背泳ぎ準決勝力泳する古賀淳也=ブダペスト(共同)
  • 男子50メートル背泳ぎ準決勝スタートする古賀淳也(中央)=ブダペスト(共同)