2017.7.29 16:39

内山高志、現役引退を表明 「きょうで引退することを決めました」/BOX

内山高志、現役引退を表明 「きょうで引退することを決めました」/BOX

内山高志

内山高志【拡大】

 プロボクシングの前WBA世界Sフェザー級スーパー王者の内山高志(37)=ワタナベ=が29日、東京都内で会見し、現役引退を表明した。

 黒色のスーツで現われた内山は「大みそかの試合から長い間、進退について考えてきましたが、僕の気持ちは、きょうで引退することを決めました」と述べた。

 内山は05年7月にプロデビューし、10年1月に同級王座を獲得。強打の右ストレートを武器に、国内歴代3位の11度目の防衛を果たしたが、16年4月、ジェスレル・コラレス(パナマ)に2回TKO負けを喫して王座から陥落した。同年12月、コラレスに再挑戦し、ダウンを奪ったものの、判定1-2で負けて、王座奪還を果たせなかった。