2017.7.25 01:40

入江、準決勝4位で決勝へ「プラン通りだったが、出し切っていない」/競泳

入江、準決勝4位で決勝へ「プラン通りだったが、出し切っていない」/競泳

男子100メートル背泳ぎ準決勝 力泳する入江陵介=ブダペスト(共同)

男子100メートル背泳ぎ準決勝 力泳する入江陵介=ブダペスト(共同)【拡大】

 水泳の世界選手権第11日は24日、ブダペストで行われ、競泳男子100メートル平泳ぎ決勝の小関也朱篤(ミキハウス)は59秒10の4位だった。昨年のリオデジャネイロ五輪金メダルのアダム・ピーティ(英国)が57秒47で2連覇した。

 女子100メートルバタフライ決勝の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は57秒08で6位にとどまった。リオ五輪を制したサラ・ショーストロム(スウェーデン)が3連覇した。

 男子100メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は予選を53秒54の全体5位、準決勝を53秒02の4位で通過し、25日の決勝へ進んだ。女子100メートル平泳ぎの鈴木聡美、青木玲緒樹(ともにミキハウス)は準決勝でそれぞれ11位、14位にとどまり、決勝進出を逃した。男子200メートル自由形予選は江原騎士(自衛隊)が1分47秒31の15位で準決勝に勝ち上がった。松元克央(セントラルスポーツ)は27位で敗退した。(共同)

入江陵介の話「プラン通りのレースだったが、力を出し切ってはいない。決勝は後半の持ち味を生かして、競り負けないようにしたい」

小関也朱篤の話「後半に追い付いた感覚があったが、ああいう結果に終わった。やり遂げたレースで悔いはない」

池江璃花子の話「後半に(ペースを)上げるプランだったが、なかなかうまく上がらなかった。気持ちを切り替えて残りの種目でメダルを狙いたい」

  • 男子100メートル背泳ぎ準決勝力泳する入江陵介=ブダペスト(共同)
  • メダルを逃した池江璃花子は観客席に向かって手を合わせる=ハンガリー・ブダペスト(恵守乾撮影)
  • 女子100メートルバタフライ決勝を終え、悔しそうな表情の池江璃花子=ブダペスト(共同)
  • 女子100メートルバタフライ決勝力泳する池江璃花子=ブダペスト(共同)
  • 男子100メートル平泳ぎ決勝4位に入り笑顔の小関也朱篤=ブダペスト(共同)
  • 男子100メートル平泳ぎ決勝力泳する小関也朱篤=ブダペスト(共同)
  • 男子100メートル平泳ぎ決勝力泳する小関也朱篤=ブダペスト(共同)
  • 女子100メートル平泳ぎ準決勝レースを終え、引き揚げる青木玲緒樹=ブダペスト(共同)
  • 女子100メートル平泳ぎ準決勝レースを終え、唇をかむ鈴木聡美=ブダペスト(共同)