2017.7.24 01:00

池江、全体4位で決勝へ 400メートルリレーも男女ともに決勝へ/競泳

池江、全体4位で決勝へ 400メートルリレーも男女ともに決勝へ/競泳

女子100メートルバタフライ予選を終え、引き揚げる池江璃花子=ブダペスト(共同)

女子100メートルバタフライ予選を終え、引き揚げる池江璃花子=ブダペスト(共同)【拡大】

 水泳の世界選手権第10日は23日、ブダペストで競泳が始まり、女子100メートルバタフライで池江璃花子(ルネサンス亀戸)が予選を全体で4位の57秒45、準決勝を4位の56秒89で突破し、24日の決勝に進んだ。

 男子100メートル平泳ぎの小関也朱篤(ミキハウス)は予選を59秒76の全体11位、準決勝を59秒18の6位で通過し、決勝に進出したが、渡辺一平(早大)は予選で1分0秒26の22位に終わり敗退した。女子200メートル個人メドレー予選は今井月(愛知・豊川高)が2分11秒15の5位、大橋悠依(東洋大)は2分11秒44の8位で準決勝に進んだ。

 400メートルリレー予選で女子の日本(池江、青木、山根、五十嵐)が3分37秒46、男子の日本(中村、塩浦、松元、古賀)が3分14秒82のともに7位で決勝に勝ち上がった。(共同)

大橋悠依の話「招集所に行くまで、わくわくしていた。初めてにしては、いい感覚でタイムも良かった」

小関也朱篤の話「最後の10メートルは余力を残してタッチできた。調子はいい。周りを落ち着いて見ながらレースができた」

池江璃花子の話「いい位置にはいると思う。57秒3くらいで泳ぎたかったが、感覚とタイムは一致している」

五十嵐千尋の話「こっちへ来てからスピードも上がってきて、いいタイムで泳げた」

塩浦慎理の話「目標は決勝進出ではなく、もっと上の順位。決勝はしっかり泳いで、引き継ぎタイムで47秒5くらいを出したい」

山根優衣の話「初めてで緊張はあったが、まずは予選を通過してほっとしている」

青木智美の話「1発目にしては自分らしいレースができた。予選から53秒台を出したかったが、決勝はもっと上がると思う」

中村克の話「自分でもびっくりするくらい遅かった。まだ、はまりきっていない感じがするので、決勝では修正したい」

松元克央の話「緊張したが、1回泳いで気持ちも落ち着けた。タイムはまだまだ上がると思う」

古賀淳也の話「締まりのない泳ぎだった。今年は去年よりも速くなっているはずなので、自信を持っていきたい」

  • 女子100メートルバタフライ予選で力泳する池江璃花子=ブダペスト(共同)
  • 女子100メートルバタフライ予選で力泳する池江璃花子=ブダペスト(共同)
  • 女子200メートル個人メドレー予選、今井月の自由形=ブダペスト(共同)
  • 女子200メートル個人メドレー予選、今井月の平泳ぎ=ブダペスト(共同)
  • 女子200メートル個人メドレー予選、今井月のバタフライ=ブダペスト(共同)