2017.7.12 05:00(1/2ページ)

【五輪を語る 産経新聞特別記者・佐野慎輔】最先端技術の活用で東京では新しい景色が

【五輪を語る 産経新聞特別記者・佐野慎輔】

最先端技術の活用で東京では新しい景色が

特集:
五輪を語る 産経新聞特別記者・佐野慎輔
IOC理事会に出席したバッハ会長。マクドナルドとの契約は終了したが、新たなスポンサーを獲得。したたかな戦略がみえる(AP)

IOC理事会に出席したバッハ会長。マクドナルドとの契約は終了したが、新たなスポンサーを獲得。したたかな戦略がみえる(AP)【拡大】

 その発表に、一抹の寂しさを覚えた。米ファストフード大手マクドナルドと国際オリンピック委員会(IOC)との最高位スポンサー「The Olympic Partner(TOP)」契約の終了である。

 私にとって、オリンピックのある側面を象徴してきたのが「マクドナルド」にほかならない。

 取材と原稿執筆、会場を移ってまた、取材と原稿執筆…。ただでさえ慌ただしいうえ、日本との間に存在する時差で食事もままならない。そんなとき、すきっ腹を満たしてくれたのが、あのハンバーガーであった。

 マクドナルドが食品小売り分野でオリンピックロゴなどを独占的に、ワールドワイドに展開できるTOPに加わったのは1997年。TOPは85年に始まっており、意外に遅い。いや、76年モントリオール大会から、公式サプライヤーとして協賛、すでになくてはならない存在となっていた。

【続きを読む】