2017.7.5 11:00(1/2ページ)

【二十歳のころ 室伏広治(2)】父の教えが“鉄人2世”誕生のきっかけ

【二十歳のころ 室伏広治(2)】

父の教えが“鉄人2世”誕生のきっかけ

特集:
二十歳のころ
室伏広治氏

室伏広治氏【拡大】

 “鉄人2世”と呼ばれる機会が多くあった。父(重信、ハンマー投げ前日本記録保持者で1972年ミュンヘン大会など五輪に3度出場)と比較されてね。でも、父の子供として生まれたことを嫌だと思った経験はない。むしろ、アドバンテージをもらえたと感謝していたよ。

 父に掛けられた忘れられない言葉がある。スポーツの名門である千葉・成田高に入学して間もないころに県大会で優勝した。でも、続く6月の南関東大会では記録が伸びず、8月のインターハイの出場権を得られなかった。2カ月超、試合から遠ざかることになって肩を落としていたとき、父が声を掛けてきたんだ。

 「負けてよかったな」

 息子がこんなに落ち込んでいるのに何を言っているんだ、と思ったね。「課題が見つかったじゃないか。秋までみっちり、2回転(の投法)から(高度の技術が必要で記録が伸びる)4回転の練習ができる」と父は続けた。

 千葉・成田高進学を機に、親元を離れて競技を始めた。練習が終わるたびに高校から父に電話をかけて、よくアドバイスをもらったものだ。父は月に1回程度、練習を見に来て、ハンマー投げの技術に間違いがあってはいけないと指導してくれた。

【続きを読む】