2017.7.2 05:02(1/2ページ)

多田、10秒21で連覇!日本選手権から1週間「半分以下の状態」/陸上

多田、10秒21で連覇!日本選手権から1週間「半分以下の状態」/陸上

多田は自己ベストに遠く及ばない10秒21にとどまった。疲労の蓄積を感じさせた

多田は自己ベストに遠く及ばない10秒21にとどまった。疲労の蓄積を感じさせた【拡大】

 陸上・西日本学生対校選手権第2日(1日、エディオンスタジアム広島)男子100メートルで8月の世界選手権(ロンドン)代表に選ばれた多田修平(21)=関学大=が追い風0・3メートルの条件下、10秒21をマークして、2年連続で優勝した。前日6月30日の予選では追い風1・0メートルで10秒40、準決勝では追い風2・3メートルの参考記録で10秒16だった。決勝後は疲労を訴え、大事を取って出場予定だった400メートルリレーの参加を取りやめた。

【続きを読む】

  • 男子100メートル決勝、10秒21で優勝した多田修平=エディオンスタジアム広島