2017.6.26 05:04(1/4ページ)

いざ世界へ!サニブラウン、200も自己ベスト20秒32で圧勝/陸上

いざ世界へ!サニブラウン、200も自己ベスト20秒32で圧勝/陸上

サニブラウン(左)が2冠を達成した。8月の世界選手権でも快走が期待される。左から2人目は飯塚

サニブラウン(左)が2冠を達成した。8月の世界選手権でも快走が期待される。左から2人目は飯塚【拡大】

 日本選手権最終日(25日、ヤンマースタジアム長居)世界選手権(8月、ロンドン)代表選考会を兼ねた大会。男子200メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が追い風0・3メートルの条件下、自己ベストの20秒32で初制覇。2003年大会の末続慎吾(当時ミズノ)以来となる100メートルとの2冠を達成し、100メートルに続き、世界選手権代表入りを決めた。トラック・フィールド種目の世界選手権代表は、26日の日本陸連理事会を経て正式に発表される。

【続きを読む】

  • 男女の100メートル、200メートルを制したサニブラウン(左)と市川華菜が最優秀選手賞に選ばれた(撮影・甘利慈)
  • 1着でゴールしたサニブラウン・ハキーム(右)=ヤンマースタジアム長居(川口良介撮影)
  • 1着でゴールしたサニブラウン(左)と飯塚翔太=ヤンマースタジアム長居(撮影・川口良介)
  • 200メートル決勝で優勝したサニブラウン・ハキーム=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 200メートル決勝で優勝したサニブラウン・ハキーム、2位の藤光謙司(左)、3位の飯塚翔太(右)=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 男子200メートル決勝成績
  • サニブラウン・今大会成績
  • 日本選手権・男子短距離2冠を達成した選手
  • 1着でゴールした市川華菜=ヤンマースタジアム長居(撮影・川口良介)
  • 女子200メートル決勝、23秒63で優勝した市川華菜=ヤンマースタジアム長居
  • 200メートル決勝で優勝した市川華菜、2位の今井沙緒里(左)、3位の中村水月(右)=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 女子200メートル決勝23秒63で優勝した市川華菜(手前)。右は5位の福島千里=ヤンマースタジアム長居