2017.6.25 18:05

【2冠達成後一問一答】サニブラウン、200M19秒台は「そのうちトップレベルの選手と走れば、引っ張られて出るのかな」/陸上

【2冠達成後一問一答】

サニブラウン、200M19秒台は「そのうちトップレベルの選手と走れば、引っ張られて出るのかな」/陸上

200メートル決勝で優勝したサニブラウン・ハキーム、2位の藤光謙司(左)、3位の飯塚翔太(右)=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)

200メートル決勝で優勝したサニブラウン・ハキーム、2位の藤光謙司(左)、3位の飯塚翔太(右)=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)【拡大】

 陸上・日本選手権最終日(25日、ヤンマースタジアム長居)8月の世界選手権(ロンドン)代表選考会を兼ねて行われ、男子200メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が自己ベストとなる20秒32で初優勝。2003年の末続慎吾以来となる100メートルとの2冠を達成した。(タイムは速報値)

 --100との2冠を達成

 「この2日間の疲労がすごくたまっていて、レース前は自分でもどうなるのかなと不安だったけど、前半のうちにスピードに乗れて、後半もいい具合に運べた。結果としてもぼちぼち調子が上がってきているのでよかった」

 --疲労がある中で自己ベスト

 「もうちょっと疲労がなかったら、おそらくもっといいタイムがでるのかなと思うレースだった」

 --世界選手権は100、200メートルともに出場

 「世界トップレベルの選手と渡り合えるようにこれからも練習に励んでいきたい」

 --200メートルの19秒台は

 「そのうちトップレベルの選手と走れば、引っ張られて出るのかな」

 

  • 200メートル決勝で優勝したサニブラウン・ハキーム=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 1着でゴールしたサニブラウン(左)と飯塚翔太=ヤンマースタジアム長居(撮影・川口良介)
  • 1着でゴールしたサニブラウン・ハキーム(右)=ヤンマースタジアム長居(川口良介撮影)