2017.6.25 05:04(1/3ページ)

多田、ビッグネーム押しのけ2位!8月初世界陸上が有力に/陸上

多田、ビッグネーム押しのけ2位!8月初世界陸上が有力に/陸上

特集:
世界陸上
優勝したサニブラウンに続き、2位でゴールした多田(中央)。抜群のスタートから好走を見せた (撮影・甘利慈)

優勝したサニブラウンに続き、2位でゴールした多田(中央)。抜群のスタートから好走を見せた (撮影・甘利慈)【拡大】

 日本選手権第2日(24日、ヤンマースタジアム長居)世界選手権(8月、ロンドン)代表選考会を兼ねた大会。男子100メートル決勝は、多田修平(21)=関学大=が10秒16で2位、ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=が3位となり、代表を有力とした。桐生祥秀(21)=東洋大=は4位、山県亮太(25)=セイコーホールディングス=は6位に終わり、落選が濃厚となった。18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が優勝。女子の100メートル決勝は市川華菜(26)=ミズノ=が11秒52で初制覇した。

【続きを読む】

  • 多田修平
  • 優勝したサニブラウン・ハキーム、2位の多田修平、3位のケンブリッジ飛鳥=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 優勝し、2位の多田修平と握手をするサニブラウン・ハキーム=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 1着のサニブラウン・ハキーム(右端)。左から桐生祥秀、多田修平=ヤンマースタジアム長居(川口良介撮影)
  • 陸上・男子100メートル日本歴代10傑
  • 陸上・日本選手権男子100メートル最近10年の優勝者
  • 陸上・日本選手権決勝上位成績
  • 男子100メートル決勝成績