2017.6.24 22:24

4位の桐生、6位山県は個人種目での世界選手権出場は厳しく…多田ら代表入りへ/陸上

4位の桐生、6位山県は個人種目での世界選手権出場は厳しく…多田ら代表入りへ/陸上

優勝したサニブラウン・ハキーム(4レーン)、2位の多田(5レーン)、3位のケンブリッジ飛鳥(7レーン)、4位の桐生(6レーン)=ヤンマースタジアム長居

優勝したサニブラウン・ハキーム(4レーン)、2位の多田(5レーン)、3位のケンブリッジ飛鳥(7レーン)、4位の桐生(6レーン)=ヤンマースタジアム長居【拡大】

 陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートル決勝は18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が追い風0・6メートルで10秒05の大会タイ記録で初優勝し、代表入りを決めた。多田修平(関学大)が10秒16で2位、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が3位となり、代表を確実とした。桐生祥秀(東洋大)は4位、山県亮太(セイコーホールディングス)は6位だった。

 世界選手権の参加標準記録に到達する10秒0台の記録を持つ選手が5人もそろった男子100メートルは、優勝したサニブラウンが日本陸連の選考基準を満たして自動的に代表入りが決まった。

 個人種目の代表枠は最大3。残る2人は標準記録突破者から日本選手権で3位以内に入った選手を優先して選ぶ規定となっており、2位の多田、3位のケンブリッジが26日の理事会で選出されることになりそうだ。

 4位の桐生、6位の山県は個人種目の世界選手権出場は厳しくなった。