2017.6.23 21:07

松田、ラストスパートで世界切符手に「ここまで来たら負けるわけにはいかん」/陸上

松田、ラストスパートで世界切符手に「ここまで来たら負けるわけにはいかん」/陸上

女子1万メートルで優勝した松田瑞生=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)

女子1万メートルで優勝した松田瑞生=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)【拡大】

 日本選手権第1日(23日、ヤンマースタジアム長居)女子1万メートルは松田が鈴木に競り勝った。最後の直線に入った瞬間に「ここまで来たら負けるわけにはいかん」とスパート。一気に突き放して世界選手権の切符を手にした。

 7500メートル付近でペースを上げた鈴木に食らいつき、揺さぶりに耐えた。「大きなレースはラストスパートで勝っていた。そこは自信があった」。昨年の全日本実業団対抗選手権でも競り合いを制していた。

 リオデジャネイロ五輪代表入りを逃し、照準を今年の世界選手権に定めた。5月上旬から6月中旬までは米国で高地トレーニングを積み、粘りを磨いた。「ここに松田あり、という力強い走りを見せたい」と早くも世界選手権をにらんだ。

  • 女子1万メートルで優勝した松田瑞生=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)
  • 女子1万メートル優勝した松田瑞生(右)と2位の鈴木亜由子=ヤンマースタジアム長居(撮影・甘利慈)