2017.6.22 20:06

多田、関学大で最終調整「好調な状態でタイムは出せる」/陸上

多田、関学大で最終調整「好調な状態でタイムは出せる」/陸上

 世界選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権が23日に大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕する。22日は日本人初の9秒台が期待される男子100メートルの有力選手が記者会見し、10日に追い風参考ながら男子100メートルで9秒94をマークし、注目が高まっている多田は会場には姿を現さなかった。日本陸連によると関学大で調整したという。決勝が行われる24日は21歳の誕生日で「自分にプレゼントとして、世界選手権で走れる権利を獲得できたら」と日本陸連を通じてコメントした。

 世界選手権の参加標準記録にも到達済みの新鋭。最大3の枠を目指し「結構、好調な状態で来ている。タイムは出せるなと思う」と述べた。