2017.6.16 19:43

鈴木、引退翻意で6連覇「やめるつもりでいたから開き直っていけた」/レスリング

鈴木、引退翻意で6連覇「やめるつもりでいたから開き直っていけた」/レスリング

女子75キロ級で優勝した鈴木博恵=代々木第二体育館

女子75キロ級で優勝した鈴木博恵=代々木第二体育館【拡大】

 レスリングの世界選手権(8月・パリ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権第1日は16日、東京・代々木第二体育館で男女計8階級が行われ、女子75キロ級は29歳の鈴木が旧72キロ級を合わせて6連覇を達成した。リオデジャネイロ五輪代表を逃し、昨年12月の全日本選手権優勝を区切りに引退する意向だったが、周囲からの「やり切ってからの方がいい」という声もあって翻意したという。今大会には「やめるつもりでいたから、逆に開き直っていけた」と臨み、決勝では見事にフォール勝ちした。

 古傷の左膝は急に曲げることができないときもあるという。苦難を経験してきたベテランは「今は(3年後の東京)五輪のことは考えられない。目の前の試合に集中していく」と世界選手権を見据えた。

  • 男子フリー125キロ級プレーオフ田中哲矢(左)を攻める山本泰輝=代々木第二体育館
  • 女子75キロ級決勝古市雅子(手前)を攻める鈴木博恵=代々木第二体育館