2017.6.11 18:49

萩野、納得の出来には遠く「何かが足りないというより全部足りない」/競泳

萩野、納得の出来には遠く「何かが足りないというより全部足りない」/競泳

特集:
萩野公介
男子400メートル自由形決勝 1位の萩野公介=和歌山市秋葉山公園県民水泳場

男子400メートル自由形決勝 1位の萩野公介=和歌山市秋葉山公園県民水泳場【拡大】

 競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)のリレー代表選考会を兼ねた和歌山選手権が11日、和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で行われ、同選手権への調整のため、萩野公介(ブリヂストン)は100メートルと400メートルの自由形に出場し、それぞれ4位と1位。

 萩野は、もどかしさにあふれていた。前日に続き、納得の出来には遠く「何かが足りないというより全部足りない。正直なところ、正解が分からない」と心境を明かした。

 日本のエースは「木で言うと、根っこからばっさり折られている」と状態を表現する。世界選手権に向け「一日一日、全力でやるしかない」と言葉を振り絞った。

  • 男子100メートル自由形決勝4位の萩野公介=和歌山市秋葉山公園県民水泳場