2017.6.11 05:05(4/4ページ)

国内初「10秒の壁」破った!“新星”多田、9秒94快走/陸上

国内初「10秒の壁」破った!“新星”多田、9秒94快走/陸上

参考記録で9秒94をマークした多田修平

参考記録で9秒94をマークした多田修平【拡大】

現地で多田のレースを見守った日本陸連・伊東浩司強化委員長「驚きはない。ここ2カ月の彼(多田)の記録短縮を見れば、まだタイムは縮められる。とにかく足の回転がきれいな選手。スタートから60メートルまで、一気に抜けてくるところがいい」

★追い風参考記録

 追い風は2.0メートルを超えると記録は公認されない。日本陸連が4年前に発表した「無風の条件下で10秒00で走った場合の影響」の分析結果によれば、準決勝時の追い風4.5メートルで0.312秒速くなるという。ちなみに、決勝時の追い風1.9メートルなら影響は0.154秒。また、別の研究では気温、湿度、気圧などのさらなる外的要因も考慮されるべきとされる。よって、この日が無風の条件下だった場合、多田の記録は10秒1~3台だったと推測される。

多田修平(ただしゅうへい)という男

 ★生まれ 1996(平成8)年6月24日生まれ、20歳。大阪・東大阪市出身
 ★競技歴 小学生時代はサッカーや水泳を習っていたが、徒競走が好きで東大阪市立石切中で陸上を始める
 ★驚異の成長 大阪桐蔭高時代のベストは10秒50。関学大3年となった今年5月の関西学生対校選手権は10秒22の自己新で3連覇。今大会で日本歴代7位の10秒08までタイムを伸ばした
 ★好青年 関学大の林直也コーチいわく「二つ返事で指示を聞く、とにかく素直ないい選手」。一般入試で合格したメンバーが多い陸上部で、推薦入学の多田は他の部員と同じメニューを黙々とこなす
 ★スイーツ男子 パフェなどのスイーツ系が大好物
 ★好きな歌手 英国の人気シンガーソングライター、エド・シーラン
 ★サイズなど 1メートル76、66キロ。靴は27.5センチ

  • 飛び跳ねるようにフィニッシュした多田。無名の20歳が国内の“9秒争い”に名乗りを上げた
  • 電気計時では、国内で日本勢初の9秒台をマークした多田。イケメンランナーが旋風を巻き起こす
  • 男子100メートルの日本歴代10傑
  • 日本学生個人選手権の男子100メートルで優勝し、表彰台で手を振る多田修平選手=10日、神奈川県のShonanBMWスタジアム平塚
  • 追い風参考記録ながら国内初の9秒台となる9秒94をマークした多田=ShonanBMWスタジアム平塚
  • 男子100メートル決勝10秒08で優勝した多田修平=ShonanBMWスタジアム平塚
  • 男子100メートル決勝10秒08で優勝した多田修平(中央)=ShonanBMWスタジアム平塚
  • 男子100メートルで優勝し、スタンドに手を振る多田修平=ShonanBMWスタジアム平塚
  • 男子100メートル決勝10秒08で優勝した多田修平(683)=ShonanBMWスタジアム平塚