2017.6.4 18:20

女子100メートルで明暗…市川は参考で自己ベスト、福島は「駄目。すみません」/陸上

女子100メートルで明暗…市川は参考で自己ベスト、福島は「駄目。すみません」/陸上

8着に終わった福島千里=コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場(撮影・甘利慈)

8着に終わった福島千里=コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場(撮影・甘利慈)【拡大】

 陸上の布勢スプリントは4日、鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場で行われ、女子の100メートルは市川華菜(ミズノ)が第1レースを11秒43、第2レースを追い風2・1メートルの参考記録、11秒38。福島千里(札幌陸協)は11秒59と12秒57と精彩を欠いた。

 女子100メートルは明暗が分かれた。市川は第2レースで、参考記録ながら、自己ベストを上回る11秒38をマークした。第1レースでも日本記録保持者の福島に先着。「おんぶにだっこの状態だったので、少しずつでも追い付いていきたい」と頼もしかった。

 日本選手権は100メートルと200メートルに出場予定。「自己ベストを出せれば(2冠も)夢ではないのかなと思うので頑張りたい」と声を弾ませた。

 福島は第2レース途中で減速し、12秒57に終わった。「駄目。すみません」と語るだけだった。

  • 8着に終わった福島千里=コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場(撮影・甘利慈)