2017.5.27 18:58

桐生、余裕の予選通過「なるべく力使わないように走った」/陸上

桐生、余裕の予選通過「なるべく力使わないように走った」/陸上

 陸上の関東学生対校選手権第3日は27日、横浜市の日産スタジアムで行われ、男子200メートル予選で100メートルとの2冠を狙う桐生祥秀(東洋大)は追い風1・3メートルの条件下、20秒79の5組1着で通過した。

 桐生は抜群の加速で序盤から先頭に立ち、直線に入ってからは流す余裕の走りで準決勝に進んだ。今大会6レース目となり、さすがに脚に疲労を少し感じているそうで「なるべく力を使わないように走った」と笑った。

 この大会の200メートルではまだ頂点に立ったことがない。4年生で最後の関東学生対校選手権となるだけに「しっかり優勝を取って終わりたい」と言葉に力を込めた。