2017.5.26 16:50

幕下は大岩戸が最年長優勝 岩崎との全勝対決を制す/夏場所

幕下は大岩戸が最年長優勝 岩崎との全勝対決を制す/夏場所

大岩戸が押し倒しで岩崎を破り、最年長幕下優勝を果たす=両国国技館

大岩戸が押し倒しで岩崎を破り、最年長幕下優勝を果たす=両国国技館【拡大】

 大相撲夏場所13日目の26日、幕下は近大出身で元幕内の大岩戸(山形県出身、八角部屋)が日大出身の岩崎(東京都出身、追手風部屋)との全勝対決を制し、優勝した。36歳0カ月での優勝は十文字の34歳1カ月を抜き、戦後最年長。

 序ノ口は金沢学院大出身で世界選手権軽量級2連覇の実績があり、先場所初土俵の炎鵬(石川県出身、宮城野部屋)が7戦全勝で優勝した。

 三段目はともに東洋大出身で先場所は最下位格付け出し初土俵の村田(三重県出身、高砂部屋)と若隆景(福島県出身、荒汐部屋)、序二段は露草(神奈川県出身、大嶽部屋)と美浜海(千葉県出身、玉ノ井部屋)が7戦全勝で並び、それぞれ千秋楽の28日に優勝決定戦を行う。

13日目結果へ14日目取組へ