2017.5.8 05:01

川内、32キロ付近で転倒6位 エチオピア勢が3位まで独占/マラソン

川内、32キロ付近で転倒6位 エチオピア勢が3位まで独占/マラソン

プラハ・マラソンで6位となった川内優輝(共同)

プラハ・マラソンで6位となった川内優輝(共同)【拡大】

 プラハ・マラソン(7日、チェコ・プラハ)男子で世界選手権(8月、ロンドン)代表の川内優輝(30)=埼玉県庁=は2時間10分13秒で6位だった。川内は先頭集団で粘っていたが、32キロ付近で転倒して遅れた。エチオピア勢が3位までを独占し、ゲブレツァディク・アブラハ(24)が2時間8分47秒で優勝した。

カーブで転んだ川内優輝「リズムが崩れたのが大きかった。(コースに多くあった石畳の路面の影響で)脚が弱ってきていたので多分、踏ん張り切れなかった」