2017.5.5 14:02

大迫傑が日本選手権1万メートルに照準「27分45秒は(参加)標準なので狙っていきたい」/マラソン

大迫傑が日本選手権1万メートルに照準「27分45秒は(参加)標準なので狙っていきたい」/マラソン

「チビリンピック」にゲストとして参加し、親子マラソンの出場者のゴールをハイタッチで迎える大迫

「チビリンピック」にゲストとして参加し、親子マラソンの出場者のゴールをハイタッチで迎える大迫【拡大】

 陸上長距離で、先月中旬のボストン・マラソンで3位と健闘した大迫傑(25)=ナイキ・オレゴンプロジェクト=が5日、横浜市の日産スタジアムで行われた親子向けのスポーツイベント「チビリンピック」にゲストとして参加した。

 今年で39回目を迎えた、こどもの日の恒例イベント。大迫は小学5、6年時に長距離種目に出場した経験があり、この日は親子が一緒に1キロを走るマラソンの参加者に並走するなどして、大勢の子供たちと触れ合った。「(このイベントで)走ることの楽しさを教えてもらった。次は僕が伝えていけたら」とトップランナーとしての自覚を示した。

 近日中に渡米し、活動拠点のオレゴン州での練習を再開する。米国でトラックのレースをはさみ、世界選手権(8月、ロンドン)の代表選考を兼ねる6月の日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)での1万メートルに照準を合わせる予定だ。25歳は「27分45秒は(参加)標準なので狙っていきたい」と意気込んだ。