2017.4.10 05:04(1/4ページ)

ラスト鉄棒で大逆転!内村、プロ初戦で個人総合V10/体操

ラスト鉄棒で大逆転!内村、プロ初戦で個人総合V10/体操

特集:
内村航平
優勝カップを手に笑顔の内村。白井ら若手との争いを制した

優勝カップを手に笑顔の内村。白井ら若手との争いを制した【拡大】

 体操・全日本選手権最終日(9日、東京体育館)世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)代表2次選考会を兼ねた大会。個人総合決勝が行われ、男子はプロ転向後初戦で、2016年リオデジャネイロ五輪団体総合、個人総合2冠の内村航平(28)=リンガーハット=が6種目合計86・350点をマークし、自身の記録を更新する10連覇を達成した。国内外の大会での個人総合で08年11月の全日本からの連勝記録を39に伸ばした。

【続きを読む】

  • 平行棒はミスをなくすため、技を減らした内村。安定した演技が光った
  • 内村航平のつり輪=東京体育館
  • 内村航平の鉄棒=東京体育館
  • 内村航平の跳馬=東京体育館
  • 内村航平の床運動=東京体育館
  • 男子個人総合で10連覇を達成し、おどける内村航平。左は2位の田中佑典=東京体育館
  • 男子個人総合で10連覇を達成し、表彰式で笑顔の内村航平。左は2位の田中佑典、右は3位の白井健三=東京体育館
  • 田中佑典の跳馬=東京体育館
  • 白井健三の床運動=東京体育館
  • 個人総合で優勝した女子の村上茉愛(前列中央)、男子の内村航平(後列中央)。前列左は女子2位の杉原愛子、同右は3位の梶田凪。後列左は男子2位の田中佑典、同右は3位の白井健三=東京体育館
  • 女子個人総合で2年連続2度目の優勝を果たし、トロフィーを手に笑顔の村上茉愛=東京体育館
  • 寺本明日香の跳馬=東京体育館