2017.4.2 05:05(1/4ページ)

羽生、SP5位から奇跡の『金』!ノーミス演技で歴代最高点マーク/フィギュア

羽生、SP5位から奇跡の『金』!ノーミス演技で歴代最高点マーク/フィギュア

特集:
羽生結弦
会心のガッツポーズ! 自身が持つフリー世界歴代最高を塗り替え逆転Vの羽生(AP)

会心のガッツポーズ! 自身が持つフリー世界歴代最高を塗り替え逆転Vの羽生(AP)【拡大】

 フィギュアスケート・世界選手権最終日(1日、フィンランド・ヘルシンキ)来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けた大会。男子は羽生結弦(22)=ANA=が合計321・59点でショートプログラム(SP)5位から大逆転し、3季ぶりで日本男子としては初となる2度目の優勝を果たした。フリーで4度の4回転ジャンプを決め、自身の世界歴代最高を塗り替える223・20点をマークした。SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=は自己ベストを大幅に更新する合計319・31点で2位に入った。

【続きを読む】

  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 日本勢ワンツーフィニッシュに大喜びの羽生(右)と宇野(共同)
  • 男子フリーの演技を終え、ガッツポーズする羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーの演技後に、得点を確認し喜ぶ羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技を終えた羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • フィギュアスケートの世界選手権男子の表彰式で、逆転優勝しメダルを手に笑顔の羽生結弦。左は2位の宇野昌磨、右は3位の金博洋=1日、ヘルシンキ(共同)
  • フィギュアスケートの世界選手権で逆転優勝し、メダルを手に笑顔の羽生結弦=1日、ヘルシンキ(共同)
  • フィギュアスケート・男子フリー世界歴代得点5傑
  • 羽生結弦・フリー得点詳細
  • 男子・上位成績
  • 羽生結弦・今季成績