2017.3.14 12:56

リオ五輪銅の瀬戸、ANA所属で最終調整/競泳

リオ五輪銅の瀬戸、ANA所属で最終調整/競泳

 昨年のリオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸大也(JSS毛呂山)が、早大卒業後の4月からANAと所属契約を結ぶ方向で最終調整していることが14日、関係者への取材で分かった。近く正式に発表される見通し。目標とする20年東京五輪での金メダルに向け、競技に集中できる環境が整う。

 瀬戸は2013年、15年の世界選手権で同種目を2連覇した。ANAにはフィギュアスケート男子の羽生結弦や、卓球女子の福原愛も所属している。ライバルで同学年のリオ五輪金メダリスト、萩野公介(東洋大)は4月からブリヂストンの所属で活動することが決まっている。