2017.3.13 13:47(2/3ページ)

林田太郎・リーグ戦の記憶/BOX

林田太郎・リーグ戦の記憶/BOX

全日本選手権で日大・柏崎(右)に勝利し、二連覇を達成した駒大・林田太郎(写真提供:駒澤大学 橋本圭史)

全日本選手権で日大・柏崎(右)に勝利し、二連覇を達成した駒大・林田太郎(写真提供:駒澤大学 橋本圭史)【拡大】

 --ボクシングを始めたきっかけは

 中学校までは野球部。体格が大きくなければ活躍は難しいと思っていたところ、空手をしていた父にボクシングを勧められ、市立習志野高校に進学しボクシング部に入部した。

 --駒澤大学に進学した理由は

 高校生の時に駒大ボクシング部に遠征に行き、当時の熊本道之コーチや小山田裕二現監督にボクシングの指導をしてもらった。大学の雰囲気が自分に合っていた。高校三年生の時に駒大は関東大学二部リーグから一部リーグに昇格したため、私が一部リーグに昇格したばかりの駒大に進学することで、駒大ボクシング部を強くしたかった。

 --リーグ戦での思い出と当時のライバルたち

 一番印象に残っているのは、私のボクサー人生の分岐点となった東洋大・片山聡一郎(磐城第二)戦。高校時代、階級が一緒でお互いを意識していたものの、試合をすることはなかった。一年生のリーグ戦で初めて対戦し、途中まではポイントを取られていたが、2ラウンド終了間際に軽いワン・ツーがクリーンヒットした。3ラウンドは2ラウンドに当たったワン・ツーを意識して戦い、KOすることができた。試合中に戦い方を修正して勝利したことが自信となった。

ポイントゲッターとして期待されていた三年生の時に、日大の柏崎刀翔(大聖寺実)に敗れ、チームに迷惑をかけた。拓大の嶋田亨(日章学園)も良きライバルだったこともあり、今でも会う仲だ。

 --井上尚弥と井岡一翔との戦いについて

 井上選手との対戦成績は1勝2敗。全日本選手権の決勝戦が初対戦。井上選手のオープニングブローは左アッパーで、ブロックの上からでも伝わるパンチ力に脅威を感じた。当時の井上選手は高校生ということもあり、体も小さく、接近戦で頭をつけ合ったときのプレッシャーもあまりなく、逆に私がプレッシャーをかけ続ければ井上選手の上体が浮き、インファイトで戦えたため勝利することができた。パンチ力、ボクシングセンスは戦ったボクサーの中でもピカ一だった。

【続きを読む】