2017.3.4 19:18

大波、しこ名は毛利元就の三男から「若隆景」

大波、しこ名は毛利元就の三男から「若隆景」

 大相撲春場所(12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新弟子検査が4日、大阪市内で行われ、昨年の全国学生選手権団体で優勝した東洋大から大波と村田が角界に歩みを進めた。

 同選手権個人で準優勝の大波は2人の兄と同じ荒汐部屋。祖父の元小結若葉山と「三本の矢」の故事で知られる毛利元就の三男隆景から「若隆景」のしこ名を荒汐親方(元小結大豊)から授かった。「一場所でも早く、兄に番付で追い付けるように。体を作って頑張りたい」と意気込んだ。

 村田は大学の先輩、小結御嶽海のようなスピードのある相撲を目指している。「やっと入門した実感が湧いた。4年間苦楽を共にしてきたので負けたくない」と、好敵手になる大波に対抗心を燃やした。