2017.2.26 19:19

NECは敗戦引きずらず 近江「まずは一戦一戦勝ち進みたい」/バレー

NECは敗戦引きずらず 近江「まずは一戦一戦勝ち進みたい」/バレー

JTに勝利し喜ぶNECの選手たち=大田区総合体育館

JTに勝利し喜ぶNECの選手たち=大田区総合体育館【拡大】

 バレーボールのプレミアリーグは26日、東京・大田区総合体育館などでプレーオフの2次リーグ4試合が行われ、女子でレギュラーシーズン1位のNECの3位以内が確定し、突破が決まった。JTを3-1で下して2勝1敗とした。JTは1勝3敗。日立はトヨタ車体に3-1で勝ち、ともに2勝2敗となった。

 NECは19日にトヨタ車体にストレート負けしたショックを引きずらず、突破が決まった。1-1からJTを振り切り、山田監督は「敗戦をばねにできた。最後はラリーの応酬になり、どれだけ粘り勝ちできるかというところがポイントだった」と胸をなで下ろした。

 緩急織り交ぜたサーブで崩し、スパイクも的を絞らせなかった。近江は「まずは一戦一戦勝ち進みたい。優勝を目指し、去年取れなかったものをもう一回このメンバーで取りにいきたい」と気合を入れ直した。

  • 第1セット、スパイクを放つNEC・近江(左)=大田区総合体育館