2017.1.28 22:15

アイスホッケー男子はラトビアに黒星 冬季ユニバ

アイスホッケー男子はラトビアに黒星 冬季ユニバ

ゴールに迫る出口(左)=アルマトイ(共同)

ゴールに迫る出口(左)=アルマトイ(共同)【拡大】

 第28回ユニバーシアード冬季大会は29日午後7時(日本時間同10時)に、カザフスタンのアルマトイで開会式が行われ、11日間の学生スポーツの祭典が開幕する。同国でユニバーシアードが開かれるのは夏季、冬季大会を通じて初めて。50以上の国・地域から約1600選手が参加する。

 開幕に先立って28日にはアイスホッケーの1次リーグが始まり、男子でC組の日本は延長でラトビアに3-4で敗れた。次戦は31日に韓国と対戦する。

 日本はスキー、スケート、アイスホッケー、カーリングの4競技に110選手が出場予定。主将はノルディック複合の山元豪(早大)、旗手はスピードスケート女子の高橋菜那(ダイチ)が務める。(共同)

古川駿の話「1人少ない状況ではみんなシュートブロックにいってくれたし、いい守りができた。反則を減らせば、かなりいい試合ができる」

人里茂樹の話「結果が全てだけど、大会が終わるわけではない。ペナルティーが多くなったのは反省。チャンスは相手に負けないくらいあったし、精度を上げていかないといけない」