2017.1.9 20:24

鶴竜、差し違えにも余裕「『あれ?』と思った。悪くても同体かなと」/初場所

鶴竜、差し違えにも余裕「『あれ?』と思った。悪くても同体かなと」/初場所

鶴竜が寄り切りで松鳳山を下す=東京・両国国技館(撮影・戸加里真司)

鶴竜が寄り切りで松鳳山を下す=東京・両国国技館(撮影・戸加里真司)【拡大】

 大相撲初場所2日目(9日、両国国技館)鶴竜は寄った土俵際で松鳳山の右小手投げに裏返り、行司軍配差し違えで白星をつかんだ。後退した相手の足が先に土俵を割っており「倒れながら見ていた。軍配が向こうを向いていたから『あれ?』と思った。悪くても同体かなと」と余裕の表情だった。

 3個目の金星を逃した松鳳山は「自分の足が出ていたのは分かった。負けは負け」と苦笑い。八角理事長(元横綱北勝海)は「どう見るかは審判団の感性にもよる。鶴竜の勝負に対する執念が上回った」と評した。

2日目結果へ3日目取組へ