2016.12.26 12:48

32歳の玉鷲、新関脇に「夢がかない興奮してくる」

32歳の玉鷲、新関脇に「夢がかない興奮してくる」

大相撲初場所の番付を手にポーズをとる玉鷲=東京都墨田区の片男波部屋

大相撲初場所の番付を手にポーズをとる玉鷲=東京都墨田区の片男波部屋【拡大】

 日本相撲協会は26日、大相撲初場所(来年1月8日初日・両国国技館)の新番付を発表した。

 32歳で新関脇の玉鷲は東京都墨田区の片男波部屋で記者会見し「めったに上がれない地位。夢がかない興奮してくる」と腕まくりした。

 先場所は1横綱3大関を破り、2場所連続で10勝を挙げて技能賞を獲得した。7月の名古屋場所から立ち合いを変えたそうで「取組前から気持ちが入るようになり、相撲が一気に変わった」と精神面も充実している。

 場所ごとに存在感は増しており、初場所へ向け「こんな力士がいるということをもっと見せたい」と意気込んだ。

 会見に同席した師匠の片男波親方(元関脇玉春日)は「(地位を)意識しなければ勝ち越せる」と期待した。

  • 記者会見で握手する新関脇の玉鷲(左)と片男波親方=東京都墨田区の片男波部屋
  • 笑顔で記者会見する新関脇の玉鷲=東京都墨田区の片男波部屋