2016.12.23 14:25

小原、独り旅で快勝「自分から仕掛けることができたのは収穫」/マラソン

小原、独り旅で快勝「自分から仕掛けることができたのは収穫」/マラソン

優勝のゴールテープを切る小原怜=岡山県陸上競技場(撮影・宮沢宗士郎)

優勝のゴールテープを切る小原怜=岡山県陸上競技場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 陸上の山陽女子ロードは23日、岡山市のシティライトスタジアム発着で行われ、ハーフマラソンは地元岡山を拠点とする小原怜が快勝した。7キロすぎに集団を飛び出して独走。2位の加藤に38秒差をつけ「自分から仕掛けることができたのは収穫」と手応えを口にした。

 3月の名古屋ウィメンズマラソンでは1秒差で日本人2位に終わり、リオデジャネイロ五輪のマラソン代表入りを逃した。「名古屋でリベンジしたい」と来年3月に同じ大会に挑戦し、世界選手権の切符を目指す。

  • 優勝しVサインをする小原怜=岡山県陸上競技場(撮影・宮沢宗士郎)