2016.12.19 12:43

「東洋の魔女」と呼ばれた五輪代表の丸山サタさん、72歳で死去

「東洋の魔女」と呼ばれた五輪代表の丸山サタさん、72歳で死去

1964年東京五輪のバレーボール女子で金メダルを獲得した日本チーム。左端から2人目が丸山(旧姓磯辺)サタさん=駒沢屋内球技場

1964年東京五輪のバレーボール女子で金メダルを獲得した日本チーム。左端から2人目が丸山(旧姓磯辺)サタさん=駒沢屋内球技場【拡大】

 丸山 サタさん(まるやま・さた=64年東京五輪バレーボール女子日本代表、金メダリスト、旧姓磯辺)18日午後10時13分、大阪市の病院で死去、72歳。千葉県出身。自宅は大阪市住吉区長居4の9の14。葬儀・告別式は21日午後1時から大阪市東住吉区長居公園1の32、臨南寺で。喪主は88年ソウル五輪競泳代表の長男繁守(しげもり)氏。

 大阪・四天王寺高-日紡貝塚で成長。故大松博文監督の厳しい指導を受け「東洋の魔女」と呼ばれた64年東京五輪代表では最年少レギュラーのアタッカーだった。