2016.12.19 20:43

野口みずきさん、特別賞に笑み 指導者への興味「全然ない」/陸上

野口みずきさん、特別賞に笑み 指導者への興味「全然ない」/陸上

「アスレティック・アワード」で記念撮影する受賞者。(前列左から)野口みずきさん、山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、山本篤、(後列左から)上原美幸、松永大介、荒井広宙、沢野大地、江島雅紀=東京都内

「アスレティック・アワード」で記念撮影する受賞者。(前列左から)野口みずきさん、山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、山本篤、(後列左から)上原美幸、松永大介、荒井広宙、沢野大地、江島雅紀=東京都内【拡大】

 日本陸連の年間表彰式「アスレティック・アワード」が19日、東京都内で開かれ、アテネ五輪女子マラソン金メダリストで今年引退した野口みずきさんに特別賞が贈られた。

 特別賞を受賞した女子マラソン日本記録保持者の野口さんは「今までの(陸上生活)25年間を評価していただき、とてもうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

 7月に結婚。現在は夫の赴任先の上海に住み、月に1、2度帰国して大会にゲストランナーとして参加しているという。指導者への興味は「全然ない」。料理教室などにも通っているそうで「解説者やタレントではなく、自分らしいことをできたら。子どもたちと親密に触れ合いたい」と柔らかな表情で話した。