2016.12.12 19:50

東洋大・服部「あいつにだけは負けたくない」 青学大・一色に対抗心/箱根駅伝

東洋大・服部「あいつにだけは負けたくない」 青学大・一色に対抗心/箱根駅伝

東洋大の白山キャンパスで行われた壮行会を終えて取材に応じた服部

東洋大の白山キャンパスで行われた壮行会を終えて取材に応じた服部【拡大】

 来年1月2、3日に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(往路107・5キロ、復路109・6キロ)で、3年ぶりの総合優勝を目指す東洋大が12日、東京・文京区の白山キャンパスで壮行会を開催した。エース服部弾馬(4年)は、愛知・豊川高時代のチームメートで優勝候補筆頭の青学大の大黒柱、一色恭志(同)に対抗心を燃やし王座奪還を誓った。

 「(一色は)一番のライバル。あいつにだけは負けたくないです」。学生トップランナーの呼び声高いかつてのチームメート、一色に話題が及ぶと、服部は語気を強めた。

 豊川高3年時に“2枚看板”として出場した全国高校駅伝で初優勝を果たした。出雲、全日本、箱根の大学3大駅伝で同一区間での顔合わせは、2014年の全日本1区のみ。区間6位だった一色に対し、服部は同10位に沈んだ。

 「(11月の)全日本で区間賞を取っているし、(箱根でも)1区を走る自信はある。2区も走ってみたい」と服部。区間エントリーは29日だが、青学大の原晋監督は一色の2区での起用を明言しており、直接対決が実現する可能性もある。

 「先輩方が作ってくれた伝統が続くような走りをしたい」。3年ぶりの王座奪還へ、エースが力を振り絞る。