2016.12.5 09:20

川内、強行出場で3位に「奇跡が起こりました」/マラソン

川内、強行出場で3位に「奇跡が起こりました」/マラソン

日本勢トップの3位でフィニッシュした福岡国際マラソンでの力走から一夜明けた5日、川内は福岡市内で取材に応じた

日本勢トップの3位でフィニッシュした福岡国際マラソンでの力走から一夜明けた5日、川内は福岡市内で取材に応じた【拡大】

 福岡国際マラソンで2時間9分11秒をマークして日本勢トップの3位に入り、来年8月の世界選手権(ロンドン)の代表候補に名乗りを上げた“公務員ランナー”川内優輝(29)=埼玉県庁=がレースから一夜明けた5日、福岡市内で取材に応じた。

 右ふくらはぎと左足首に痛手を負ったまま強行出場した。「足の具合? 悪化はしていません。3番は3回目ですが、今回はトップ(の背中)が見えた。奇跡が起こりました」と振り返った。

 次戦は来年2月12日に行われる愛媛マラソンを予定している。代表選考レースに定められている同2月の東京や3月のびわ湖毎日への出場は見送る見通しで、同4月から海外のレースに積極的に参戦し、タイムを伸ばす構想を描く。「(今後の選考レースでは)若い選手がいい記録を出せるといいですね」と余裕を漂わせていた。