2016.12.4 20:54

学生横綱トゥルボルド、連覇逃す 全日本相撲選手権

学生横綱トゥルボルド、連覇逃す 全日本相撲選手権

 相撲の第65回全日本選手権は4日、東京・両国国技館で行われ、中大4年の矢後太規が決勝で深井拓斗(東洋大)を寄り倒して初のアマチュア横綱になり、大相撲の幕下15枚目格付け出し資格を得た。中大勢の優勝は栗本剛(のち大相撲の十両武哲山=故人)以来26年ぶり。

 優勝候補のトゥルボルドは2回戦で敗退した。寺沢(東洋大)の張り手が顎に入り、焦りが生まれたという。横から崩され、不利な体勢を戻せずに敗れた。2連覇を目指していただけに「残念な結果で終わってしまい、悔しい」と嘆いた。

 モンゴル出身で日大4年。11月に学生横綱となっており、既に幕下15枚目格付け出し資格を得ている。「この悔しさを生かし、プロで頑張りたい」と意欲を新たにした。