2016.12.2 21:13

永山、先輩高藤を豪快内股で破る「ワンチャンス逃さなかった」/柔道

永山、先輩高藤を豪快内股で破る「ワンチャンス逃さなかった」/柔道

男子60キロ級決勝 高藤直寿(左)に一本勝ちした永山竜樹=東京体育館

男子60キロ級決勝 高藤直寿(左)に一本勝ちした永山竜樹=東京体育館【拡大】

 柔道のグランドスラム東京大会第1日は2日、東京体育館で男女計5階級が行われ、男子60キロ級では20歳の永山竜樹(東海大)が決勝でリオデジャネイロ五輪銅メダルの高藤直寿(パーク24)から一本を奪い初優勝。

 男子60キロ級の永山は決勝で、東海大の先輩でリオ五輪銅メダルの高藤を投げた。相手の担ぎ技をこらえてからの、豪快な内股。「ワンチャンスを逃さなかった」と誇らしげに話した。

 81キロ級や90キロ級の選手と練習をこなし、強靱な体をつくりあげた。組んで投げる柔道に磨きをかけ、11月の講道館杯全日本体重別選手権に続いてタイトルを獲得。東京五輪に向け、高藤は憧れの存在からライバルとなった。「ここからが勝負。もっと地力をつけていきたい」と表情を引き締めた。

  • 男子60キロ級決勝で永山竜樹(奥)に敗れた高藤直寿=東京体育館
  • 女子52キロ級決勝で角田夏実(下)に敗れた阿部詩=東京体育館
  • 笑顔でメダルを披露する男子66キロ級で優勝した阿部一二三(左)と女子52キロ級で準優勝の妹、詩=東京体育館
  • 男子66キロ級決勝橋口祐葵(下)に一本勝ちした阿部一二三=東京体育館
  • 男子66キロ級決勝、橋口祐葵(左)に一本勝ちした阿部一二三=東京体育館
  • 女子48キロ級2回戦、渡名喜風南(下)に敗れた近藤亜美=東京体育館
  • 女子52キロ級決勝、阿部詩(上)を破り優勝した角田夏実=東京体育館
  • 男子66キロ級で優勝し、表彰式で笑顔の阿部一二三=東京体育館