2016.11.27 19:45

福士、粘りの走りでシード権獲得に貢献 今後は「白紙」/駅伝

福士、粘りの走りでシード権獲得に貢献 今後は「白紙」/駅伝

3区、手袋を脱ぎ捨てる資生堂の高島由香(右)。左はワコールの福士加代子=仙台市(代表撮影)

3区、手袋を脱ぎ捨てる資生堂の高島由香(右)。左はワコールの福士加代子=仙台市(代表撮影)【拡大】

 全日本実業団対抗女子駅伝(27日、宮城県松島町文化観光交流館前-仙台市陸上競技場)ワコールは1区の一山が区間新記録の走りで弾みをつけ、3区の福士は区間4位と粘った。2位でたすきをつなぎ、シード権獲得に貢献したエースは「1区でいい流れをつくってくれたおかげ」と感謝した。

 マラソンで出場したリオデジャネイロ五輪後は疲労が抜けず、満足な練習は積めなかったという。今後の予定については「白紙」と話した。