2016.11.13 15:28

元ユニクロのダニエルがV「第二の故郷で優勝できてうれしい」/マラソン

元ユニクロのダニエルがV「第二の故郷で優勝できてうれしい」/マラソン

2時間23分18秒で優勝したチェイエチ・ダニエル=さいたまスーパーアリーナ

2時間23分18秒で優勝したチェイエチ・ダニエル=さいたまスーパーアリーナ【拡大】

 陸上の世界選手権(来年8月、ロンドン)の女子マラソン日本代表選考会を兼ねた、さいたま国際マラソンは13日、さいたまスーパーアリーナ発着で行われ、36歳の那須川瑞穂(ユニバーサルエンターテインメント)が2時間33分16秒で日本人最高の5位。チェイエチ・ダニエル(ケニア)が2時間23分18秒で優勝した。

 2回目を迎えた大会を制したのは2007~10年にユニクロに所属したダニエルだった。「第二の故郷の日本で優勝できてうれしい」と感慨深げに笑った。

 故郷ケニアで今大会と似たアップダウンのあるコースを走っていたことが自己2番目の記録につながったと納得顔。マラソン王国での競争は厳しいが「世界選手権代表に選ばれるように練習を積んでいく」と高みを見据えた。