2016.10.18 05:03

タイソン・ゲイの娘射殺された 銃撃現場に居合わせ…流れ弾に!?/陸上

タイソン・ゲイの娘射殺された 銃撃現場に居合わせ…流れ弾に!?/陸上

2014年5月、地元の陸上競技会に出場した際のトリニティさんと父親のタイソン・ゲイ。愛娘の不慮の死に、悲しみは深い (AP)

2014年5月、地元の陸上競技会に出場した際のトリニティさんと父親のタイソン・ゲイ。愛娘の不慮の死に、悲しみは深い (AP)【拡大】

 陸上男子短距離の元世界王者、タイソン・ゲイ(34)の娘トリニティさん(15)が米南部ケンタッキー州レキシントンで16日、首を銃撃され、搬送された病院で死亡が確認された。

 地元警察などによると、16日午前4時ごろ、レキシントンの飲食店「クックアウト」の駐車場で、2台の乗用車に乗った人物が互いに銃を発砲しているとの通報があった。トリニティさんはいずれの車両にも乗っておらず、偶然現場に居合わせて流れ弾にあたったとみられる。

 地元警察は銃撃をしていた車両1台を発見し、男2人の身柄を確保。加えてもう1人、計3人の男をトリニティさんの死亡に関与した疑いで逮捕した。さらに銃撃に加わっていた別の1台の行方を追っている。

 トリニティさんはレキシントンの高校の陸上部に所属し、短距離の有力選手だった。

 ゲイは「とても混乱している。彼女は秋休みでそこにいただけだ。狂っている」と話しているという。ゲイは2007年の世界陸上100メートルと200メートルで優勝。12年のロンドン五輪で男子4×100メートルリレーで2着だったが、後に自身のドーピング禁止規定違反により銀メダルを剥奪された。今年のリオ五輪も男子4×100メートルリレーに出場し、決勝で失格となった。