2016.10.9 19:55

男子決勝は五輪代表同士が熱戦! 竹井「楽しくやることができた」/水球

男子決勝は五輪代表同士が熱戦! 竹井「楽しくやることができた」/水球

 水球の日本選手権最終日は9日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子は昨年まで優勝37度の全日体大を前身とするKingfisher74が、ブルボンKZに10-9で競り勝ち、優勝した。リオデジャネイロ五輪代表の竹井がチーム最多3点を挙げた。

 男子決勝はリオデジャネイロ五輪代表8人を擁するKingfisher74が、同代表4人のブルボンKZとの熱戦を制した。日本代表のエースとして活躍し、今大会限りで引退する竹井が要所でゴールを重ねた。竹井は「楽しくやることができた」と満足そうだった。

 日体大の学生とOBの連合チーム、全日体大から名称変更し、クラブチームとしての再出発を優勝で飾った。主将の大川は「プレッシャーもあったが、無事に勝てて一安心」と笑顔を見せた。