2016.10.9 20:24

400Mリレーは五輪銀メンバーが存在感! ケンブリッジ「しっかり優勝して終わりたい」/国体

400Mリレーは五輪銀メンバーが存在感! ケンブリッジ「しっかり優勝して終わりたい」/国体

成年少年男子共通400メートルリレー予選 第3走者・黒木(右)からバトンを受け走りだす東京のアンカー・ケンブリッジ=北上総合運動公園陸上競技場

成年少年男子共通400メートルリレー予選 第3走者・黒木(右)からバトンを受け走りだす東京のアンカー・ケンブリッジ=北上総合運動公園陸上競技場【拡大】

 国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第9日は9日、岩手県北上市の北上総合運動公園陸上競技場などで行われ、成年少年男子共通400メートルリレーはリオ五輪銀メダルのケンブリッジ飛鳥(ドーム)が走った東京、飯塚翔太(ミズノ)が出場した静岡などが10日の準決勝に進んだ。

 陸上の成年少年男子共通400メートルリレー予選で、リオデジャネイロ五輪銀メダルのメンバーが存在感を示した。3組の東京はケンブリッジがアンカーを務め、トップで通過。8日の100メートルを体調不良で欠場したスプリンターは「(体調は)絶好調ではないが、走れる感じにはなった。しっかり優勝して終わりたい」と意欲を燃やした。

 前回覇者の静岡で最終走者を担った飯塚は、4番手でバトンを受けながらも圧巻の走りを見せて1組1着でフィニッシュ。準決勝に進み「優勝を目指している」と力強かった。

  • 成年少年男子共通400メートルリレー予選第3走者・高木(右)からバトンを受け走りだす静岡のアンカー・飯塚=北上総合運動公園陸上競技場