2016.10.6 05:03(6/6ページ)

F1日本GP7日開幕!いとうまい子、復権に挑むホンダを「応援したい」

F1日本GP7日開幕!いとうまい子、復権に挑むホンダを「応援したい」

いとうまい子がF1のタイヤをチェック(撮影・小野田尚武)

いとうまい子がF1のタイヤをチェック(撮影・小野田尚武)【拡大】

★いとうまい子の取材日記

 いとうさんは鈴鹿で毎年、プレスセンター内に自分の席を確保。サーキットの全長が一般に4~7キロ超と広大な敷地で行われるモータースポーツは取材に体力を要するが、ドライバーと関係者のインタビューから、マシンやタイヤ状態のチェックまで精力的にこなしている。男性記者にはそっけない態度でも、いとうさんにはにこやかに応対する某元王者もいて、“記者・いとうまい子”の座は当面安泰!?

いとうまい子(いとう・まいこ)

 ★生まれ 1964(昭和39)年8月18日生まれ、52歳。名古屋市出身。
 ★芸能活動 82年に「少年マガジン」の美少女コンテスト、ミスマガジンで初代グランプリ。83年に「微熱かナ」で歌手デビュー。その後は女優、テレビのコメンテーター。98-2001年にドラマ「中学生日記」で教師役。29日公開の映画「BOYS AND MEN」に出演
 ★大学 アイドル時代には芸能活動と両立できず大妻女大中退。10年に早大人間科学部(通信教育課程)入学、14年に大学院、16年に博士後期課程に進学
 ★趣味 読書、映画鑑賞。「野球はもちろん地元の中日ドラゴンズ」
 ★メカ好き IT機器に強く「ガジェッティーヌ」(機械に強い女性を意味する造語)の異名。ただしタイヤがパンクしたら「交換は主人。購入するタイヤとお店探しは私がスマホで即ゲット」
 ★家族 09年に結婚した5歳年下の会社員の夫

F1日本GP

 1976、77年に静岡・富士スピードウェイ、87~2006年は三重・鈴鹿サーキットで開催。07、08年は再び富士で、09年以降は鈴鹿で開催されている。以前はシーズン終盤に行い、アイルトン・セナ(ブラジル、故人)ら多くの王者が日本で誕生した。日本勢では中嶋悟が87、90年に6位入賞、鈴木亜久里が90年に3位で日本選手初の表彰台。佐藤琢磨は02~04年に3年連続入賞。12年に小林可夢偉が3位。海外の選手も鈴鹿をベルギーGP会場に並ぶ名サーキットと称賛。

テレビ放送

 【BS放送】BSフジ▼9日24時~26時(公式予選・決勝)【CS放送】フジテレビNEXT・スカパーCS309、スカパープレミアムサービスCh613▼7日9時55分~11時40分(フリー走行1回目)13時55分~15時40分(フリー走行2回目)▼8日11時55分~13時10分(フリー走行3回目)14時50分~17時(公式予選)▼9日13時30分~16時50分(決勝)※CSは生放送。時間変更の場合あり

  • 世界最高峰のF1で3度の王座に輝いたルイス・ハミルトン(右)もいとうまい子さんの取材には笑顔で応対(撮影・小野田尚武)
  • 予選に臨むマクラーレン・ホンダのバトン(手前、ゲッティ=共同)
  • ウィリアムズF1の日本人メカニックから取材するいとうまい子(撮影・小野田尚武)
  • 10-13年のF1王者フェテルを囲み取材するいとうまい子(撮影・小野田尚武)
  • 過去のフェラーリF1マシンをチェックするいとうまい子(撮影・小野田尚武)
  • 早大の研究室にて白衣姿のいとうまい子さん(写真提供・マイカンパニー)
  • 今年3月、早大大学院修士課程を卒業。東京・戸塚町の早大本部、大隈重信銅像前にて(撮影・小野田尚武)