2016.9.24 20:57

男子400M障害、リオ準決勝進出の野沢が2連覇!/陸上

男子400M障害、リオ準決勝進出の野沢が2連覇!/陸上

男子400メートル障害決勝 49秒21で優勝した野沢啓佑=ヤンマースタジアム長居

男子400メートル障害決勝 49秒21で優勝した野沢啓佑=ヤンマースタジアム長居【拡大】

 全日本実業団対抗選手権第2日(24日、ヤンマースタジアム長居など)400メートル障害の女子は久保倉里美(新潟アルビレックス)が56秒72で4連覇。男子は野沢啓佑(ミズノ)が49秒21で昨年に続いて勝った。

 男子400メートル障害はリオデジャネイロ五輪で準決勝に進んだ野沢が2連覇。前半から積極的に飛ばし、終盤はやや息切れしたが、小西勇太(住友電工)の追い上げをかわした。「しっかり結果を出すのが目標だった。とりあえず優勝できてほっとしている」と表情を緩めた。

 五輪後は最高峰シリーズのダイヤモンドリーグに出場した。後半の失速が課題で「質より、量をこなす方がしっかりいけるんじゃないか。距離に対する練習をしないといけない」と話した。

  • 女子1万メートル競歩45分18秒13で優勝した岡田久美子=ヤンマースタジアム長居
  • 男子1万メートル競歩で優勝した高橋英輝=ヤンマースタジアム長居
  • 女子200メートルで優勝した藤沢沙也加=ヤンマースタジアム長居
  • 女子200メートル決勝24秒12で優勝した藤沢沙也加(手前)=ヤンマースタジアム長居
  • 男子200メートル決勝20秒57で初優勝した飯塚翔太(左手前)=ヤンマースタジアム長居